【明日には退職】会社を辞めたい理由が思い付かない時のたった1つの対処法

【明日には退職】会社を辞めたい理由が思い付かない時のたった1つの対処法

 

『会社を辞めたいけど理由が思い付かない。そもそも辞めたいと言うのすら辛い。
どう言う理由ならスムーズに退職できるんだろう。』

今回はこういった悩みに対して、
会社を辞めたい理由が思い付かない時のたった1つの対処法をお伝えしていきます。

 

 

本記事の内容
・そもそなぜ退職理由が決まらないのか?
・退職理由が思い付かないときの対処法
・転職先で『辞めたい』と思わないために今からできること。
・満足のいく給料、残業なし、最高の環境で楽しく働くために

そもそなぜ退職理由が決まらないのか?

退職理由,画像

そもそも、退職理由が決まらないのはなぜだと思いますか?
答えは単純です。

辞めた先の行動が決まっていないから

答えはこれです。そもそも、なんのために辞めるのかが明確になっていれば、
理由を考えると言う行為すらないはずです。

例えばもっと専門的な分野を学びたい。
留学したい。
独立したい。
他にやりたいことがある。

など、そもそも目的が明確になっていれば理由を考えることも迷うこともないのです。

退職理由が思い付かないときの対処法

退職対処法,画像

前文を踏まえた上で、退職理由が思い付かない時に取るべき行動は以下の通りです。

スムーズに退職するためにも、辞めた先の行動を明確化するべき

『会社を辞める』をゴールにするのではなく、会社を辞めた後具体的にどうするのか?何をしたいのか?などの『ゴール』を明確化してみましょう。

そうすることで嘘偽りなくはっきりとした退職理由ができ、なおかつ退職した後の行動も決まっているので、

『退職したはいいものの、さあ次どうしよう・・』と迷うことはないので、『退職後のゴール』をまずは考えてみてください。

とは言え、退職がクリアし転職後、また今のように『会社を辞めたい』と思ってしまったら、それでは同じことの繰り返しになってしまいます。

就職→辞めたい→転職後→辞めたい
という負の連鎖に陥らないための具体的な対処法を続けてお伝えします。

転職先で『辞めたい』と思わないために今からできること。

会社楽しい,画像

そもそも会社を辞めたいと思う理由はたくさんあるはずです。

・同僚や上司との関係がよろしくない
・給料が低い
・労働時間、残業が多い

次の職場では、できればこのような最悪なケースは避けたいですよね。
自分が満足いく働き方で、最高な環境で仕事をするためにも、下記のことを実践してみてください。

満足のいく給料、残業なし、最高の環境で楽しく働くために

最高の職場,画像

充分な給料、過度な労働、残業なし、同僚や上司との良好な関係。

これらの条件を満たすためにはズバリ『英語力』が必要です。

実際にそれなりに英語力があると、仕事の幅が根本的に広がるので仕事を選べるようになったり、

企業としても英語が話せる日本人の希少価値や需要自体が高いのでその分人並み以上の給料をもらうことができるなど、仕事の質が一気に上がります。

とは言え、英語ができることを証明するためにも資格が必要です。では一体どんな資格を持っていると有利なのでしょうか?

IELTSのスコアがあると仕事で有利

ズバリ、IELTSです。理由として、IELTSを取得している日本人の割合が圧倒的に少ないためIELTS自体の価値が高いのと、IELTSは世界共通なのでスコアを持っておくとどの世界でも英語力を証明することができます。

一般的に英語力を測る資格として有名なのはTOEICですが、TOEIC自体はほとんどの日本人が受験しているためIELTSに比べ資格自体にあまり価値はなく、就活の際にあまり企業に重視されることがないです。

IELTSでは英語の読み書きよりもコミュニケーション能力を重視しているため試験がFace to Faceで行われます。

なので1番の『英語が話せる』という事実を最も数値化しやすく証明しやすい資格になっています。

下記記事にて、IELTSの学習法とスコアアップの方法を詳細に説明していますのでこちらの記事も兼ねてご覧ください。

英語の資格を取るならIELTS【IELTSを徹底解説】